東京事変「閃光少女」のミュージックビデオ

東京事変「閃光少女」のミュージックビデオ

東京事変は2003年頃に椎名林檎を中心に誕生したバンドで、デビューシングルの「群青日和」はあまりJ−popに関心がなかった私もたまに聞きたくなる曲でした。

 

この「閃光少女」はそんな東京事変の丁度中盤のころの曲だったといった認識で、当時は確かカメラかなにかのコマーシャルソングとしてよく耳にしました。

 

あまりこの頃の曲は当時、聞いていなかったのですが、中盤の頃では一番!?と言っていいほどいい曲だなと思ってはいました。

 

二人の少女が鏡合わせのようなダンスを繰り広げるミュージックビデオだという印象はありましたが、今回初めて最後まで見ていると、一方の女の子は最後消えてしまうことを知りました。

 

今は椎名林檎が再びソロ活動をしていますが、このころがすべてにおいて一番バランスよかったかなと勝手に思っています。